料理盛りつけサイトならディッシュアップ【Dish-App.com】

焼き魚の基本盛りつけ




< POINT 1 > “左頭に腹手前”

 

yakizakana

 

人間が魚の絵を書くとき、その大多数が左向きの魚を書くということは、よく知られた事実ですよね。その理由は諸説ありますが、右利きの人が多いから、というのが有力みたいです。

その【左向き】というのは、焼き魚の盛りつけに関しても同様のことがいえます。魚の頭を左に、魚の腹を手前にして、魚が泳いでいるように盛りつけるのがコツです。

 

< POINT 2 > “あしらいものは手前に”

 

daikon

 

大根おろしやスダチなどのあしらいものは【手前に置く】のが基本となります。その際、大根おろしや紅葉おろしは、小高くなるように盛りましょう。

あしらいものの種類としては、臭みをおさえ後味をさっぱりさせてくれる、大根おろしやスダチ、レモン、はじかみ生姜などを添えるのが定番です。

下村 チタンおろし器 TSO-01
下村工業
売り上げランキング: 5,120

 

< POINT 3 > “尾・ヒレには化粧塩”

 

yakizakna2

 

旅館や料亭で出される焼き魚には、尾やヒレに塩が多く付いていますよね。これは「化粧塩」といって、焦げやすい魚の尾やヒレに多めに塩を付けることで、焼き過ぎを防ぐ効果があります。軽く濡れた手で塩をつまんで、尾やヒレに付けるだけなので簡単ですよね。

また、あらかじめ塩をしておいた魚に、焼く直前にもう一度軽く塩をふることも同様に「化粧塩」といいます。これをすることで魚の皮をパリっと焼き上げることができます。

 

伯方の塩 焼塩 1kg
伯方の塩 焼塩 1kg
posted with amazlet at 13.03.13
伯方塩業
売り上げランキング: 1,973

 


今回のポイントまとめ

  • 魚の頭を左向きに、腹を手前にして、魚が泳いでいるように置く
  • 大根おろしやスダチなどのあしらいものは、手前に置く。その際は、高さを意識して盛る
  • 塩は食材に味を付けるだけではなく、化粧塩としての効果も意識する

タグ:

【募集中!】料理に関するブログ記事寄稿者

Dish-App.comでは、料理に関するブログを書かれている方の、ブログ記事寄稿をお待ちしています。美しい盛りつけの料理を自身のブログで配信されている方は、ぜひ寄稿してみませんか?ブログ記事を寄稿することで、より多くの人にあなたのブログを広めることが期待されます。Dish-App.comを通じて、あなたが作った美しい料理をより多くの人に共有しましょう。詳しくはブログ寄稿者募集をご覧ください。より多くの方の、ブログ記事寄稿をお持ちしています。